デメリット ベジシャワー

ベジシャワーのデメリットは?購入前に知っておきたい7つのマイナス注意点

投稿日:

子供やペットがいる家庭で安心と安全を手にできるベジシャワー。野菜や果物を洗って残留農薬を取り除くだけではありません。除菌効果もあるので洗剤を使いたくない哺乳瓶や冷蔵庫、口に入れるおもちゃなどにも安心して使えます。

そんなメリットの反面、実際に利用しているうちにデメリットを感じるコトがありました。あくまでも個人の使用感での感想ですがデメリットや注意点をまとめましたので参考にしてください。

すべて実際に利用している実体験に基づいた個人の口コミ=レビューです。人によってはデメリットとは感じない場合もありますのでご自身の生活環境に合わせて参考にしてください。

ベジシャワーのデメリット

ベジシャワー最大のデメリットはなんといってもひと手間増えること。野菜や果物にひとつひとつスプレーでまんべんなくかける作業が面倒に感じるかもしれません。

わたしが感じたベジシャワーのデメリットがこちら。

      1. ただの水洗いよりひと手間増える
      2. 大所帯に向いてない
      3. 油断してるとただの水になってしまう
      4. 割とかさばる
      5. 嘘くさいと思っている人がいる
      6. 実店舗(ドラッグストア、薬局、ドンキホーテなど量販店)で売ってない
      7. 通販のみの販売なので手続きに慣れていない人は買いにくい

    (2018年7月時点の情報です。利用していく中で今後デメリットは変わる可能性があります)

ベジシャワーのデメリット8項目を1つずつチェックしていきます。

その1:ベジシャワーはただの水洗いよりひと手間増える

「ひと手間」と書きましたが普段の洗い方と比べて「ふた手間」と感じる方もいるようです。


ベジシャワーの使い方です。

ベジシャワーの使い方(野菜)

✔ステップ1:吹きかける
ベジシャワーを野菜や果物にまんべんなく吹きかける。まだ汚れが強いものは吹きかけて1分ほど放置する。
✔ステップ2:なじませる
吹きかけたベジシャワーが野菜や果物の全体にいきわたるよう手で軽くなでてなじませる。
✔ステップ3:洗い流す
ベジシャワーをなじませた野菜や果物を水道水で数秒洗い流す

ベジシャワーを使わずに野菜や果物を洗うときは、水に浸けておくか、水道水をジャーっと流しながらチャチャっとなで洗いするだけで済ます方がほとんどではないでしょうか。でもベジシャワーは1と2の作業が増えるぶんの手間が増えるんです。


△ベジシャワーを使い始めると料理は「ベジシャワーを食材に吹きかける」から始まります。これをしないと料理が始まらないんです。

△このひと手間、ふた手間が面倒くさく感じる方は続かないかもしれません。

その2:ベジシャワーは大所帯に向いてない

デメリットその1ともリンクしますが、手間がかかるぶん大所帯には向いていないかもしれません。野菜にスプレーでまんべんなくかけるからです。例えば、キュウリ30本、プチトマト90コにまんべんなくベジシャワーをシュッシュッとかけていくのはけっこうな労力です。手間だけでなく時間もかかってしまうと思います。


△2人ならこれくらいの量で済みますが10人いたら5倍の手間ですからね。

スプレーでシュシュっとかける→なで洗い→洗う、の工程なので水道水でチャチャっと洗うよりはどうしても時間がかかってしまいます。

多少の農薬や化学物質より時間短縮を優先させたい大所帯の方は、残念ながらいずれ使わなくなっていくかもしれません。

子供ができた、孫ができた、ワンコを飼い始めたなど新しい生活環境が訪れたときは大所帯だろうと話はまた別でしょう。健康のためですからね。

(画像出典:公式サイト)

ただ、幼稚園の給食にも使われてるんですよ。

食材の安全に細心の注意を払わなけれなならない場所ですから多少時間はかかっても子どもの「安全」と「美味しい」を優先させているんでしょう。

ベジシャワーが最安値で購入できるのはこちら
↓↓↓
公式サイトからくわしく!

その3:ベジシャワーは油断してるとただの水になってしまう

ベジシャワーは99.9%水です。水なのに農薬などの化学物質が除去できるのは水素イオンが濃いからです。ベジシャワーはpH12

高いけど危険じゃない?ベジシャワーのpH(ペーハー/ぴーエッチ)とは

なぜベジシャワーは99.9%水で無害なのに、残留農薬などの化学物質を除去できるのか?その秘密はpH濃度にあります。 そんなわたしのおばあちゃんにも分かるように、pHについて解説していきたいと思います。 ...

続きを見る


濃度の数値は0〜14。最高14ですからpH12はなかなかの高濃度なんです。


△水素イオンが濃いほどマイナスイオンが発生。マイナスイオンが反発しあうチカラで農薬などの化学物質を除去します。

ベジシャワーとは?有機野菜でも不安がつきまとう残留農薬の洗い方と落とし方

宝物の子供や愛犬にちょっぴりでも農薬がついた野菜や果物を食べさせたくないと思うならベジシャワーがオススメです。 某女優S・Yさんの愛犬がおちょこに入った日本酒を誤飲して亡くなるという痛ましい事故を思い ...

続きを見る


時間が経つと水素イオンは減っていくのでアルカリ性は中性に、最後はに戻ります。これがまな板や冷蔵庫など洗剤を使いたくないところにも安全に使える理由です。拭き残しがあってもただの水ですから心配はありません。

でも、これがベジシャワーのデメリットでもあるんです。
合成洗剤なら、時間が経ってから食器を入れても漬け置き洗いできますが、野菜などの食べ物を洗うベジシャワーは漬け置き洗いができません。

おばば
どういう意味?


食器を合成洗剤を入れた水にうるかせてから洗うことがありますよね。うるかせておくと、焦げや食べかすが落ちやすくなって汚れが落ちやすくなります。この食器をうるかせておく器の水、洗剤が入ったままなので時間差で食器を入れてもさほど効果は変わりません。

ベジシャワーは数分ならうるかしておく効果があります。野菜の汚れがひどいときにはスプレーを吹きかけてから数分おくと落ちやすくなるんです。でも、数分たったあとに水につけても効果はほぼゼロ。農薬などの化学物質を除去する効果はなくなってしまいます。水素イオンの濃度が下がって、ただの水に戻ってしまうからです。

おばば
ベジシャワーは洗剤なの?

合成洗剤は「食器」、ベジシャワーは「野菜や果物」の話をしてました。ちょっと混乱させたかもしれませんね。

野菜も漬け置きや流水で汚れを落とすことがありますが、ベジシャワーは直接吹きかけてから漬け置きしたものじゃないと効果は期待できません。

おばば
とにかく合成洗剤と同じと思っちゃダメってことね

シュシュっと吹きかけたら、ただの水として自然に戻っていくので仕方がありません。

漬け置きメモ・水+合成洗剤=漬け置き洗いできる(食器の話)

・水+ベジシャワー=直接スプレーしなければ漬け置き洗いの意味はない(野菜などの食材の話)

その4:ベジシャワーは割とかさばる

そこ!?というツッコミが入りそうですがキッチンはできるだけ何もおかずにシンプルにしておきたい空間ですよね。
△右側のジョンマスターは食器用洗剤のデザインがダサいので入れ替えたもの。ジョンマスターから食器用洗剤が発売されているわけではありません。で、左側。けっこうな存在感です。好みの問題もあるでしょうが、デザインもイマイチ。

キッチンをおしゃれに統一している人は、隠す収納しかないかもしれません。

あと、使っているのを誰かに見られるのが嫌という人もいます。なかにはウサンくさいと思う人がいるかもしれませんから。そんな何も知らない人に「なにこれ?」と聞かれて一々答えるのが面倒くさい人にとっては置き場所に気を使わなければならないのはマイナスポイントかもしれません。

隠す収納など、ちょっとしたアイデアでクリアできるデメリットではありますが・・・。

その5:嘘くさいと思っている人がいる

その4にもリンクしますが、こういう商品はハナから嘘くさい、胡散臭いと思い込んでいる人たちが一定数以上います。使ってみていいものだからと誰彼かまわずススメていると商品だけでなく自分まで胡散臭いと思われかねません。

これいいから!と確信があってもその人にとってイイモノとは限らないんです。大切な家族を「食」からしっかり守りたいという気持ちだけで十分。

オススメするにしても相手を選びましょう。

その6:実店舗(ドラッグストア、薬局、ドンキホーテなど)で売っていない

ベジシャワーは、ドラッグストアや薬局などの実店舗では売っていません。(2018年7月時点)
京王線笹塚駅の近隣にあるマツモトキヨシ(そこそこ近い)やミネドラッグ(近い)、ドンキホーテ(ちょっと歩く)で売っているか直接尋ねてみましたが・・・。

ベジシャワーは実店舗では売ってません。アマゾンでは400ml 2本セット4104円。これに送料が加わります。アマゾンは514円楽天は650円の送料がかかります。(アマゾン会員は送料無料の場合あり)

ベジシャワーのデメリットは?購入前に知っておきたい7つのマイナス注意点

子供やペットがいる家庭で安心と安全を手にできるベジシャワー。野菜や果物を洗って残留農薬を取り除くだけではありません。除菌効果もあるので洗剤を使いたくない哺乳瓶や冷蔵庫、口に入れるおもちゃなどにも安心し ...

続きを見る


おすすめは定期コース。

定期コースは通常400ml2本分3400円。これに540円の送料が加わります。

まとめ買いはさらにお得です。

4本だと6450円。6本だと9060円。

<1セットあたりの値段は>
・2本〜3400円
・4本〜3225円
・6本〜3020円

これに、別途送料540円を加えた金額が総額になります。

定期コースは3回以上使い続ける、いわゆる「定期縛り」があります。

気にいらなければ、4回目が届く7日前までに解約、または休止の手続きをとればOKです。

ちなみに、定期コース3回分の総額は10200円になります。

1万円で3ヶ月試せるなら高くはないと思います。

その7:通販の手続きに慣れていない人は買いにくい

通販に慣れていない人は購入の手続きが面倒かもしれません。どうしても購入手続きがうまくいかないという方はメールや電話、FAXで問い合わせることができます。わからないことも通話料無料の電話で相談できます。

ベジシャワーについて電話相談はこちら
↓↓↓
公式サイトで質問してみる

わたしもよく大文字と小文字、全角や半角がうまくいかず住所登録できなかったことがありました。わからないことや心配なことは直接聞くのが一番です。

ベジシャワーのメリット

ちなみに、ベジシャワーのメリットはこちら。

    1. 野菜の残留農薬などの化学物質を除去できる
    2. O-157や大腸菌などの食中毒菌をガードする
    3. 野菜の栄養素をキープする
    4. シャキシャキの鮮度が蘇る
    5. 手作り野菜スムージーが不安ゼロで作れる
    6. 合成洗剤で洗いたくないトコロが洗える
    7. 水なので2度拭きしなくていい
    8. プチプラ価格でガンガン使い倒せる
    9. まとめて買うとお得になる
    10. 99.9%水なので安全

(2018年7月時点の情報です。利用していく中で今後デメリットは増減する可能性があります)

ベジシャワーは家族に安心と安全を与えられているという気持ちが大きいんです。

まとめ

改めてベジシャワーのデメリットがこちら。

      1. ただの水洗いよりひと手間増える
      2. 大所帯に向いてない
      3. 油断してるとただの水になってしまう
      4. 割とかさばる
      5. 嘘くさいと思っている人がいる
      6. 実店舗(ドラッグストア、薬局、ドンキホーテなど量販店)で売ってない
      7. 通販のみの販売なので手続きに慣れていない人は買いにくい

    (2018年7月時点の情報です。利用していく中で今後デメリットは変わる可能性があります)

わたしの生活環境では4のパッケージのデザインが不満なくらいで、あとのデメリットはクリアできています。

デメリットが気にならない方は、一度はベジシャワーで食の安心と安全を試してみてくださいね。

ベジシャワーを知りたい
↓↓↓
公式サイトでくわしく

-デメリット, ベジシャワー
-,

";

Copyright© 野菜ってどこまで洗うの? , 2019 All Rights Reserved.