ベジシャワー

高いけど危険じゃない?ベジシャワーのpH(ペーハー/ぴーエッチ)とは

更新日:

なぜベジシャワーは99.9%水で無害なのに、残留農薬などの化学物質を除去できるのか?その秘密はpH濃度にあります。

おばば
ペ・ペーなんだって?

そんなわたしのおばあちゃんにも分かるように、pHについて解説していきたいと思います。

こんなことがわかります

  • ベジシャワーのpHのこと
  • ベジシャワーのアルカリイオンのこと
  • ベジシャワーで汚れが落ちる理屈
主婦ゆうきち
pHとアルカリイオンがわかればもっと安心して使えるようになるよ

pHとは?

pHは、ペーハーやピーエッチと読みます。水素イオンの濃さを表しています。イオンとは、原子や原子の集まりがプラスやマイナスの電気を帯びたもの。水素が電気を帯びた状態です。

水の酸性・中性・アルカリ性の度合いを表す単位

水だけでなく水道水や水たまり、レモンなどの果汁、液体洗剤etc・・・とにかく水分があれば大抵のものをphという単位で数値化することができます。

このようにpH0から14までの単位で酸性・中性・アルカリ性の度合いを表します。

代表的なpH値のモノ

pH0〜塩酸
pH2〜クエン酸、食酢
pH6~8〜水道水
pH8〜海水
pH9〜石鹸水
pH10〜アルカリイオン水
pH12〜ベジシャワー
pH14〜水酸化ナトリウム

ちなみに、東京都の水道水はpH5.8〜8.6です。決まっています。自然水のpHがおおむね5〜9という調査に基づき調整しているんです。

食器や洗濯用の洗剤は「液性」の項目で水素イオン濃度のpHを表示するように「家庭用品品質表示法」という法律で義務付けられています。

水素イオン濃度(pH)が8.0以下6.0以上のものに限り「中性」と表示し、11.0以下8.0を超えるものを「弱アルカリ性」、11.0を超えるものを「アルカリ性」、6.0未満3.0以上のものを「弱酸性」、3.0未満のものを「酸性」と表示する。
(出典:消費者庁)

pH12のベジシャワーは液性表示だと「アルカリ性」に属すことになります。

液性 水素イオン濃度(pH) おもなモノ
酸性 3.0未満 塩酸
弱酸性 3.0以上6.0未満
中性 6.0以上8.0以下 水道水
弱アルカリ性 8.0を超えて 11.0以下 石鹸水
アルカリ性 11.0を超えるもの ベジシャワー(pH12)

というわけで、ベジシャワーはアルカリ性と覚えておきましょう。

そして、pHの数値が高ければ高いほどマイナスイオンがたくさん含まれていることを意味します。

△pH試験紙にベジシャワーをスプレーしてみました。すると瞬く間に色が変わりpHは12になりました。

このpH12というアルカリ濃度により発生したマイナスイオンがいい仕事をするんです。ベジシャワーを吹きかけると、野菜の表面がマイナスイオンによってマイナスに帯電。このマイナスの電気同士が反発しあって表面の汚れを一緒に浮き上がらせます。

△これが残留農薬などの化学物質を除去するベジシャワーの仕組み(除菌は別のメカニズム)。

そもそもイオンは原子や原子の集まりがプラスやマイナスの電気を帯びたもの。ですから野菜の表面がマイナス電気だらけになり、汚れが反発しあうことで表面から浮き上がるんです。磁石のマイナスとマイナスを近づけると反発するイメージです。この反発するマイナスイオンの力はしばらくすると弱まり、アルカリ性から中性へ。やがて、ただの水に戻ります。

合成洗剤のように洗剤が残る心配は全くありません。

まとめ

メモ

・pHとは水中に溶け込んでいる水素イオンの濃さ

・濃さの単位は0から最高14まで

・0は水素イオンが全く入っていないことを意味する

・ベジシャワーはアルカリ性でpHは12

・ベジシャワーは最高14の12なので水素イオンはかなり濃い

・時間が経つと水素イオンが減って普通の水に戻っていく

水素イオンが反発しあうチカラは、すっきり洗菜ベジシャワーのチカラ。食卓の安全に役立ててくださいね。

-ベジシャワー
-, , , , , , ,

";

Copyright© 野菜ってどこまで洗うの? , 2019 All Rights Reserved.